論文・研究発表

●査読付き論文

平成29年 服部 憲治,渡辺 富夫,石井 裕:タイピング駆動型身体引き込みキャラクタチャットシステムにおけるテキストの実時間入力状態表示手法,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.19, No.2, pp.141-150, 2017.

西田 麻希子,太田 靖宏,渡辺 富夫,石井 裕:発話内単語の感情極性に基づき反応動作を行う身体的引き込みキャラクタシステム,日本機械学会論文集,Vol.83,No.846, pp.1-14, 2017.

平成28年 石井 裕,江崎 敬三,渡辺 富夫:アバタを介したコミュニケーションを支援する身体的引き込みアバタ影システム,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.18, No.3, pp.246-259, 2016.

高林 範子,山本 真代,小野 光貴,渡辺 富夫,石井 裕:アバタに微笑みと眼球モデルを付加した看護コミュニケーション教育支援システム,日本人間工学会誌,Vol.52, No.3, pp.112-123, 2016.

平成27年 石井 裕,渡辺 富夫:相手顔画像を合成した身体的引き込み観客キャラクタを用いた実映像対話システム,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.17, No.3, pp.265-273, 2015.

平成26年 石井 裕,井上 翔太,渡辺 富夫:身体的引き込み観客システムを用いたアバタを介した合意形成対話支援,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.16, No.4, pp.303-312, 2014.

石井 裕,中山 志穂,渡辺 富夫:非接触計測による自己キャラクタ対面合成型実映像対話システムE-VChatの評価,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.16, No.3, pp.179-186, 2014.

高林 範子,小野 光貴,渡辺 富夫,石井 裕:看護実習生―患者役アバタを介した看護コミュニケーション教育支援システム,日本人間工学会誌,Vol.50, No.2, pp.84-91, 2014.

平成25年 瀬島 吉裕,渡辺 富夫,石井 裕:仮想観客インタフェースに会話活性度推定モデルを付与した場の盛り上がり支援システム,日本機械学会論文集C編,Vol.79, No.807, pp.94-106, 2013.

平成24年 石井 裕,高田 友寛,渡辺 富夫:E-VChat:頭部動作連動型音声駆動身体引き込みキャラクタを対面合成した実映像対話システム,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.14, No.4, pp. 467-476, 2012.

瀬島 吉裕,石井 裕,渡辺 富夫:アバタコミュニケーション支援のための音声駆動型身体的引き込み絵画を用いた仮想観客システム,日本機械学会論文集C編,Vol.78, No.786, pp.523-534, 2012.

平成23年 石井 裕,瀬島 吉裕,渡辺 富夫:通信遅延環境における自己の身体的アバタ動作遅延提示の効果,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.13, No.1, pp. 23-30, 2011.

平成20年 石井 裕,渡辺 富夫,大崎 浩司,伴 好弘:意識的な手指動作入力による身体的アバタの操作特性分析,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.10, No.4, pp.85-94, 2008.

石井 裕,渡辺 富夫:ビデオ面接における自己映像の仮想対面合成による身体的インタラクション評価,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.10, No.2, pp.145-153, 2008.

平成17年 石井 裕,渡辺 富夫:ビデオコミュニケーションにおける自己映像の合成対話配置の評価,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.7, No.2, pp.113-120, 2005.

平成16年 T. Watanabe, M. Ogikubo and Y. Ishii: Visualization of Respiration in the Embodied Virtual Communication System and Its Evaluation, International Journal of Human-Computer Interaction (IJHCI); Vol.17, No.1, pp.89-102, 2004.

平成15年 石井 裕,渡辺 富夫:VirtualActorを対面合成した身体的ビデオコミュニケーションシステム,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.5, No.2, pp.73-82, 2003.

平成14年 石井 裕,渡辺 富夫:身体的バーチャルコミュニケーションシステムを用いたVirtualActorの対話配置の評価;ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.4, No.2, pp.43-50, 2002.

石井 裕,渡辺 富夫:聞き手のVirtualActorの頭部動作を矛盾的に止めた身体的コミュニケーションの合成的解析;ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.4, No.3, pp.9-16, 2002.

平成13年 渡辺 富夫,荻久保 雅道,石井 裕:身体的バーチャルコミュニケーションシステムにおける呼吸の視覚化と評価;ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.3, No.4, pp.105-112, 2001.

平成12年 渡辺 富夫,大久保 雅史,石井 裕,中林 慶一:バーチャルアクターとバーチャルウェーブを用いた身体的バーチャルコミュニケーションシステム;ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol.2, No.2, pp.1-10, 2000.


●国際会議

平成28年 Y. Ishii and T. Watanabe and Y. Sejima: Development of an Embodied Avatar System using Avatar-Shadow's Color Expressions with an Interaction-activated Communication Model; Proc. of the 4th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI 2016) pp.337-340, Oct. 4, 2016.

平成27年 K. Esaki, S. Inoue, T. Watanabe and Y. Ishii: An Embodied Entrainment Avatar-Shadow System to Support Avatar Mediated Communication; Proc. of the 24th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2015), pp.419-424, Aug. 31, 2015.

M. Yamamoto, N. Takabayashi, T. Watanabe and Y. Ishii: A Nursing Communication Education Support System with the Function of Reflection; Proc. of the 2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2015), pp.912-917, Dec. 11, 2015.

平成26年 M. Yamamoto, N. Takabayashi, K. Ono, T. Watanabe and Y. Ishii: Development of a Nursing Communication Education Support System Using Nurse-Patient Embodied Avatars with a Smile and Eyeball Movement Model; Proc. of the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2014), pp.175-180, Dec. 13, 2014.

S. Inoue, K. Esaki, T. Watanabe and Y. Ishii: Development of an Embodied Entrainment Avatar-Shadow System for Avatar-Mediated Communication Support; Proc. of the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2014), pp.181-185, Dec. 13, 2014.

M. Kohara, H. Shikata, T. Watanabe and Y. Ishii: Speech-Driven Embodied Entrainment Character System with Emotional Expressions and Motions by Speech Recognition; Proc. of the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2014), pp.431-435, Dec. 13, 2014.

Y. Ishii and T. Watanabe: Evaluation of a Video Communication System with Speech-Driven Embodied Entrainment Audience Characters with Partner's Face; Proc. of the Second International Conference on Human-Agent Interaction (HAI 2014) pp.221-224, Oct. 30, 2014.
平成25年 S. Nakayama, T. Watanabe, and Y. Ishii: Video Communication System with Speech-Driven Embodied Entrainment Audience Characters with Partner's Face; Proc. of the 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2013), pp.873-878, Dec. 15, 2013.

Y. Ishii, S. Nakayama, and T. Watanabe: A Superimposed Self-Character Mediated Video Chat System with the Function of Face-to-face Projection based on Talker's Face Direction; Proc. of the 22nd IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2013), pp.581-586, Aug. 28, 2013.

Y. Ishii and T. Watanabe: Evaluation of Superimposed Self-character Based on the Detection of Talkers' Face Angles in Video Communication; Proc. of HCI International 2013, pp.431-438, Jul. 24, 2013.

T. Takada, S. Nakayama, Y. Ishii and T. Watanabe: Superimposed Self-Character Mediated Video Chat System for a Face-to-Face Interaction Base on the Detection of Talker's Face Angles; Proc. of the 8th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI 2013 Demonstration Session, D14, Mar. 4, 2013.
平成24年 Y. Ishii and T. Watanabe: E-VChat: A Video Communication System in Which a Speech-driven Embodied Entrainment Character Working with Head Motion is Superimposed for a Virtual Face-to-face Scene; Proc. of the 21st IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2012), pp.191-196, Sep. 10, 2012.

Y. Nomura, T. Watanabe, Y. Ishii, and Y. Sejima: An Embodied Virtual Communication System with Speech-driven Embodied Entrainment Objects; Proc. of First International Symposium on Socially and Technically Symbiotic Systems (STSS2012), No.32, pp.1-6, Aug. 29, 2012.

T. Takada, Y. Ishii, and T. Watanabe: Development of an Embodied Video Communication System with a Superimposed Entrainment Character Driven by Voice and Head Motion Inputs; Proc. of First International Symposium on Socially and Technically Symbiotic Systems (STSS2012), No.40, pp.1-4, Aug. 29, 2012.

M. Takemura, T. Watanabe, and Y. Ishii: Development of a Typing-driven Embodied Entrainment Character Chat System for Three Users; Proc. of First International Symposium on Socially and Technically Symbiotic Systems (STSS2012), No.41, pp.1-4, 2012-8.

Y. Ishii, T. Takada, and T. Watanabe: A Proposal of Video Communication System in Which Talker's Avatar is Superimposed for a Virtual Face-to-Face Scene; Proc. of The Sixth International Conference on Collaboration Technologies (CollabTech 2012), pp.147-148, Aug. 27, 2012.
平成23年 Y. Ishii and T. Watanabe: Embodied Communication Support Using a Presence Sharing System under Teleworking; Proc. of 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011), pp.41-45, Jul. 9, 2011.

Y. Sejima, Y. Ishii and T. Watanabe: A Virtual Audience System for Enhancing Embodied Interaction Based on Conversational Activity; Proc. of 14th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2011), pp.180-189, Jul. 9, 2011.
平成22年 Y. Ishii, Y. Sejima, and T. Watanabe: Effects of Delayed Presentation of Self-Embodied Avatar Motion with Network Delay; Proc. of the 4th International Universal Communication Symposium (IUCS2010), pp.261-266, Oct. 19, 2010.

J. Kamahara, T. Nagamatsu, M. Tada, Y. Kaieda and Y. Ishii: Instructional Video Content Employing User Behavior Analysis: Time Dependent Annotation with Levels of Detail; Proc. of 18th International Conference on User Modeling, Adaptation, and Personalization (UMAP 2010), LNCS/6075, pp.87-98, Springer-Verlag, Jun. 20, 2010.

J. Kamahara, T. Nagamatsu, Y. Kaieda and Y. Ishii: Behavioral Analysis using Cumulative Playback Time for Identifying Task Hardship of Instruction Video; Proc. of the 2010 International Workshop on Multimedia and Semantic Technologies (MUST 2010), pp.1-6, May 23, 2010.

平成21年 Y. Ishii, K. Osaki, and T. Watanabe: Ghatcha: GHost Avatar on a Telework CHAir; Proc. of HCI International 2009, pp.216-225, Jul. 24, 2009.

Y. Ishii and T. Watanabe: Development of a Virtual Presence Sharing System Using a Telework Chair; Progress in Robotics, Springer, Communications in Computer and Information Science(CCIS) 44, pp.173-178, Aug. 16, 2009 (FIRA RoboWorld Congress 2009).

J. Kamahara, T. Nagamatsu, Y. Fukuhara, Y. Kaieda and Y. Ishii: Method for Identifying Task Hardships by Analyzing Operational Logs of Instruction Videos; Proc. of 4th International Conference on Semantic and Digital Media Technologies (SAMT2009), LNCS/5887, pp.161-164, Springer-Verlag, Dec. 3, 2009.

平成20年 Y. Ishii, K. Osaki, T. Watanabe, and Y. Ban: Evaluation of Embodied Avatar Manipulation Based on Talker's Hand Motion by Using 3D Trackball; Proc. of the 17th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2008), pp.653-658, Aug. 3, 2008.

平成19年 Y. Ishii and T. Watanabe: An Embodied Avatar Mediated Communication System with VirtualActor for Human Interaction Analysis; Proc. of the 16th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2007), pp.37-42, Aug. 26, 2007.

平成16年 Y. Ishii and T. Watanabe: An Embodied Video Communication System in which Own VirtualActor is Superimposed for Virtual Face-to-face Scene; Proc. of the 13th IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2004), pp.461-466, Sep. 20, 2004.

平成13年 Y. Ishii and T. Watanabe: Effects of the Arrangement of VirtualActors on Human Interaction by Using the Embodied Virtual Communication System; Proc. of the International Symposium on Measurement, Analysis and Modeling of Human Functions (ISHF 2001), pp.269-274, Sep. 21, 2001.

平成12年 T. Watanabe, M. Okubo and Y. Ishii: An Embodied Virtual Face-to-Face Communication System with Virtual Actor and Virtual Wave for Human Interaction Sharing; Proc. of World Multi-conference on Systems, Cybernetics and Informatics (SCI 2000), III, pp.146-151, Jul. 23, 2000.

Y. Ishii and T. Watanabe: Evaluation of an Embodied Virtual Communication System for Human Interaction Analysis by Synthesis; Proc. of the 9th IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN2000), pp.29-34, Sep. 27, 2000.


●口頭発表

平成29年 服部 憲治,渡辺 富夫,石井 裕:タイピング駆動型身体引き込みキャラクタシステムにおけるテキストおよび情動表現同期表示の評価,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.19, No.2, pp.17-22, 2017-5.

田中 一也,渡辺 富夫,石井 裕:全観客キャラクタが講演者発話にうなずく没入型講演体験システムの開発,情報処理学会第79回全国大会講演論文集(4),pp.187-188, 2017-3.

池田 香織,石井 裕,渡辺 富夫:手振りで意図表出を行う手振りハンドロボットの開発,情報処理学会第79回全国大会講演論文集(4),pp.253-254, 2017-3.

服部 憲治,岩佐 厚郎,渡辺 富夫,石井 裕:タイピング駆動型身体引き込みキャラクタシステムにおけるテキストおよび情動表現同期表示手法の開発,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.16, No.436, pp.89-90, 2017-1.

平成28年 岸本 祐典,渡辺 富夫,石井 裕:顔認識機能を有する音声駆動型身体的インタラクションロボット KAMEの開発,第17回システムインテグレーション部門講演会(SI2016)論文集, pp.2446-2448, 2016-12.

岩佐 厚郎,服部 憲治,渡辺 富夫,石井 裕:タイピング駆動型身体的引き込みキャラクタチャットシステムにおける情動表現提示タイミングの評価,HAIシンポジウム2016,G-1, pp.1-6, 2016-12.

今枝 悠真,辻 智啓,渡辺 富夫,石井 裕:音声駆動型身体的引き込みチェアシステムを用いた動画視聴におけるうなずき反応の体感提示タイミングの評価,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.18, No.8, pp.9-12, 2016-11.

松島 正典,廣中 達也,石井 裕,渡辺 富夫:うなずきに相槌の音声を伴う音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステムの開発,第18回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp.182-184, 2016-11.

池田 香織,石井 裕,渡辺 富夫:対面時の手振り動作計測に基づく3Dハンドキャラクタの開発,ヒューマンインタフェースシンポジウム2016 DVD論文集,pp.241-244, 2016-9.

田中 一也,渡辺 富夫,石井 裕:音声駆動型身体引き込み観客キャラクタを用いた没入できる講演体験システムの開発,ヒューマンインタフェースシンポジウム2016 DVD論文集,pp.187-190, 2016-9.

岸本 祐典,渡辺 富夫,石井 裕:音声駆動型身体的インタラクションロボットKAMEの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,No.16-2, 2P1-11b4, pp.1-4, 2016-6.

今枝 悠真,渡辺 富夫,石井 裕:音声駆動型身体的引き込みチェアシステムを用いた動画視聴における関心度向上への効果,情報処理学会第78回全国大会講演論文集,pp. 211-212, 2016-3.

平成27年 岩佐 篤郎,小原 瑞希,渡辺 富夫,石井 裕:情動表現を即時表示するタイピング駆動型身体的引き込みキャラクタチャットシステムの開発,HAIシンポジウム2015,pp.331-335, 2015-12.

小原 瑞希,渡辺 富夫,石井 裕:情動表現を有する音声駆動型身体的引き込みキャラクタを用いたマイクロブログの投稿・閲覧システムの開発,第17回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp.254-257, 2015-11.

山本 真代,高林 範子,渡辺 富夫,石井 裕:看護コミュニケーション教育を支援する身体的バーチャルコミュニケーションシステム,第17回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp.213-218, 2015-11.

高林 範子,山本 真代,渡辺 富夫,石井 裕:アバタを介した看護コミュニケーション教育支援システムにおけるリフレクション機能の評価,第23回看護人間工学部会研究発表会抄録集,p.13, 2015-10.

瀬島 吉裕,小野 光貴,山本 真代,石井 裕,渡辺 富夫:音声駆動型身体引き込みキャラクタに視線モデルを付与した身体的コミュニケーションシステムの開発,日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会講演論文集,No.1110, pp.1-9, 2015-9.

太田 靖宏,渡辺 富夫,石井 裕:発話感情表現に基づき反応動作を行う音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステムの開発,日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会講演論文集,No.1111, pp.1-6, 2015-9.

小原 瑞希,四方 拓,渡辺 富夫,石井 裕:音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステムにおける動作・情動表現の提示タイミングの評価,日本機械学会第25回設計工学・システム部門講演会講演論文集,No.1112, pp.1-9, 2015-9.

高林 範子,山本 真代,小野 光貴,渡辺 富夫,石井 裕:アバタに微笑みと眼球動作モデルを付加した看護コミュニケーション教育支援システム,第22回看護人間工学部会研究発表会抄録集,p.24, 2015-9.

山本 真代,高林 範子,渡辺 富夫,石井 裕:看護コミュニケーション教育支援システムにおけるリフレクション機能の開発,ヒューマンインタフェースシンポジウムDVD論文集,pp.905-908, 2015-9.

井上 翔太,江ア 敬三,渡辺 富夫,石井 裕:アバタを介した身体的コミュニケーションにおけるアバタ影表示位置の評価,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.17, No.1, pp.27-31, 2015-3.

四方 拓,小原 瑞希,渡辺 富夫,石井 裕:身体的引き込み動作と情動表現で思いを伝えるメッセージ読み上げキャラクタシステムの開発,インタラクション2015論文集,pp.339-342, 2015-3.

平成26年 四方 拓,小原 瑞希,渡辺 富夫,石井 裕:音声と動作・情動表現を同期提示する音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステムの開発,第15回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2014)論文集, pp.884-887, 2014-12.

小野 光貴,山本 真代,渡辺 富夫,石井 裕,瀬島 吉裕::微笑みと眼球動作モデルを付加した音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステムの開発,第15回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2014)論文集, pp.888-891, 2014-12.

立石 侑麻,渡辺 富夫,石井 裕:対面説得コミュニケーションにおける音声駆動型身体的引き込みチェアシステムの評価,第15回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2014)論文集, pp.933-936, 2014-12.

井上 翔太,江ア 敬三,渡辺 富夫,石井 裕:アバタを介したコミュニケーションを支援する身体的引き込みアバタ影システム,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.16, No.8, pp.1-8, 2014-11.

山本 真代,高林 範子,小野 光貴,渡辺 富夫,石井 裕:看護実習生―患者役アバタを介する看護コミュニケーション教育支援システムにおけるリフレクションの検討,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.16, No.8, pp.9-10, 2014-11.

石井 裕,渡辺 富夫:ビデオ会議における合意形成対話を支援する対話相手顔画像合成型身体的引き込み観客キャラクタシステム,ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.16, No.8, pp.11-18, 2014-11.

太田 靖宏,渡辺 富夫,石井 裕:実映像対話での場の盛り上がりを視覚提示する身体的引き込み観客キャラクタシステムの開発,第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,A-52, pp.1-5, 2014-11.

小原 瑞希,四方 拓,渡辺 富夫,石井 裕:音声認識による動作・情動表現機能を有する音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステムの評価,日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No.2207, pp.1-6, 2014-9.

山本 真代,高林 範子,小野 光貴,渡辺 富夫,石井 裕:看護実習生−患者役アバタに対する微笑みと眼球動作機能の検討,ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集,pp.153-156, 2014-9.

井上 翔太,江ア 敬三,渡辺 富夫,石井 裕:アバタを介したコミュニケーションを支援する身体的引き込みアバタ影システムの開発,ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集,pp.453-456, 2014-9.

四方 拓,藤井 亮,渡辺 富夫,石井 裕:音声認識による動作・情動表現機能を有する音声駆動型身体的引き込みキャラクタの動画視聴による評価,情報処理学会第76回全国大会講演論文集(4),pp.103-104, 2014-3.

平成25年 藤井 亮,四方 拓,服部 憲治,渡辺 富夫,石井 裕:音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステムにおける音声認識による動作・情動表現提示の評価,第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2013) 論文集,pp.1945-1948, Dec. 18, 2013.

立石 侑麻,渡辺 富夫,石井 裕:対戦型テーブルゲームにおける音声駆動型身体的引き込みチェアシステムの評価,第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2013) 論文集,pp.1949-1952, Dec. 18. 2013.

中山 志穂,渡辺 富夫,石井 裕:実映像対話を支援する音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステム,第15回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp.470-473, Nov. 16, 2013.

中山 志穂,渡辺 富夫,石井 裕:親子で楽しむE-VChat ―身体的引き込みでつながる対話空間―,第10回日本子ども学会議(学術集会)抄録集,p.26, Oct. 12, 2013.

中村 一暁,渡辺 富夫,石井 裕:キャラクタと一緒に学ぶ映像学習支援システムの開発,第10回日本子ども学会議(学術集会)抄録集,p.24, Oct. 12, 2013.

中山 志穂,石井 裕,渡辺 富夫:対話者顔方向検出に基づく自己キャラクタ対面合成による実映像対話システム,ヒューマンインタフェースシンポジウム2013 DVD-ROM論文集,pp.25-32, Sep. 10, 2013.

井上 翔太,渡辺 富夫,石井 裕:アバタを介した合意形成対話を支援する音声駆動型身体的引き込み影法師システム,ヒューマンインタフェースシンポジウム2013 DVD-ROM論文集,pp.21-24, Sep. 10, 2013.

四方 拓,武村 匡崇,渡辺 富夫,石井 裕:タイピング駆動型身体的引き込みキャラクタを用いた多人数チャットシステム,日本機械学会2013年度年次大会講演論文集,S121012, Sep. 8, 2013.

中山 志穂,渡辺 富夫,石井 裕:音声駆動型身体的引き込み観客キャラクタに対話相手顔画像を合成した実映像対話システムの開発,FIT2013(第12回情報科学技術フォーラム)論文集,第3分冊,pp.359-362, Sep. 4, 2013.

高田 友寛,中山 志穂,渡辺 富夫,石井 裕:対話者顔方向検出に基づく自己キャラクタ対面合成による身体的ビデオチャットシステムの開発,インタラクション2013論文集,pp.665-668, Feb. 28, 2013.

藤井 亮,渡辺 富夫,石井 裕:音声認識による情動表現機能を有する音声駆動型身体的引き込みキャラクタシステムの開発,インタラクション2013論文集,pp.431-434, Feb. 28, 2013.

平成24年 渡辺 富夫,石井 裕:うなずきで身体的コミュニケーションを学ぶペコペコゲームの開発,第9回日本子ども学会議(学術集会)抄録集, 1-09, p. 35, Oct. 20, 2012.

渡辺 富夫,芝田 将尚,石井 裕,神代 充:音声駆動型身体的引き込みチェアシステムを用いた講演支援,日本ロボット学会第30回記念学術講演会DVD, RSJ2012AC2M2-4, pp. 1-3, Sep. 18, 2012.

野村 大和,渡辺 富夫,石井 裕:音声駆動型身体的引き込み観客システムを用いた合意形成対話支援,ヒューマンインタフェースシンポジウム2012DVD-ROM論文集,pp. 723-726, Sep. 5, 2012.

武村 匡崇,渡辺 富夫,石井 裕:チャット参加者の増減を考慮したタイピング駆動型身体的引き込みキャラクタチャットシステム,ヒューマンインタフェースシンポジウム2012DVD-ROM論文集,pp. 727-730, Sep. 5, 2012.

小林 亜由美,石井 裕,高田 友寛,渡辺 富夫:自己アバタを対面合成した実映像対話システムの提案;電子情報通信学会技術研究報告,HCS2011-74 (2012-03), pp. 41-42, Mar. 5, 2012.

飛田 優,長松 隆,鎌原 淳三,石井 裕:技能習得ビデオにおけるユーザーの操作に適応したリアルタイム・アノテーション提示,第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第10回日本データベース学会年次大会), DEIM Forum 2012 A8-2, Mar. 3, 2012.

平成23年 小林 亜由美,高田 友寛,石井 裕,渡辺 富夫:頭部動作と音声に基づく身体引き込みキャラクタ重畳合成型ビデオチャットシステムの開発,第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp.100-101, Dec. 23, 2011.

野村 大和,小西 浩文,渡辺 富夫,石井 裕:音声駆動型身体的引き込みオブジェクトによる身体的バーチャルコミュニケーション支援,第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,pp.182-183, Nov. 27, 2011.

高田 友寛,小林 亜由美,石井 裕,渡辺 富夫:リアルな外観を持つ音声駆動型身体引き込みキャラクタを用いたモバイルシステムの開発,第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,pp.184-185, Nov. 27, 2011.

野條 諒,武村 匡嵩,石井 裕,渡辺 富夫:タイピング駆動型三者間身体引き込みキャラクタチャットシステム,第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,pp.186-187, Nov. 27, 2011.

小林 亜由美,高田 友寛,石井 裕,渡辺 富夫:E-VChat:頭部動作連動型InterActorを重畳合成したビデオチャットシステム,第13回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,pp.146-147, Nov. 12, 2011.

小林 亜由美,渡辺 富夫,石井 裕:頭部動作連動型身体引き込みキャラクタを重畳合成した実映像対話システムの開発,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011 DVD-ROM論文集,pp.365-368, Sep. 13, 2011.

小西 浩文,野村 大和,瀬島 吉裕,石井 裕,渡辺 富夫:音声駆動型身体的引き込みオブジェクトを用いた身体的バーチャルコミュニケーションシステム,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011 DVD-ROM論文集,pp.1097-1100, Sep. 13, 2011.

野條 諒,武村 匡嵩,檀原 龍正,石井 裕,渡辺 富夫:タイピング駆動型身体引き込みキャラクタを用いた三者間チャットシステムの開発,ヒューマンインタフェースシンポジウム2011 DVD-ROM論文集,pp.1101-1104, Sep. 13, 2011.

平成22年 瀬島 吉裕,石井 裕,渡辺 富夫:会話活性度推定モデルに基づく場の盛り上がり支援システムの評価,第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2010)論文集, pp.1310-1313, Dec. 24, 2010.

石井 裕,福原 佑紀,海江田 洋平,長松 隆,鎌原 淳三:学習ビデオ操作ログ解析による熟練者と非熟練者の「難しさ」知覚齟齬の抽出;ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.12, No.9, pp, 43-46, Nov. 16, 2010.

瀬島 吉裕,石井 裕,渡辺 富夫:会話活性度推定モデルに基づく場の盛り上がり支援システムの開発;日本機械学会2010年度年次大会講演論文集,Vol.4, pp.15-16, Sep. 4, 2010.

石井 裕,渡辺 富夫:遠隔拠点における独立作業に対するテレワークコミュニケーション支援;ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.12, No.3, pp, 91-94, May 14, 2010.

平成21年 石井 裕,渡辺 富夫:テレワーク椅子上のゴーストアバタを用いた存在感共有のためのGhatchaの開発;ヒューマンインタフェースシンポジウム2009論文集, pp.559-562, Sep. 2, 2009.

石井 裕,瀬島 吉裕,渡辺 富夫:通信遅延環境での身体的アバタインタラクションにおける自己音声・動作伝達タイミング共有;ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.11, No.2, May 14, 2009.

平成20年 石井 裕,大崎 浩司,渡辺 富夫:テレワークのための存在感共有システム:Ghatcha [GHost Avatar on a Telework CHAir];HAIシンポジウム2008,1E-2, pp.1-6, Dec. 3, 2008.

石井 裕:遠隔での身体的インタラクションにおけるアバタの存在;電子情報通信学会技術研究報告,Vol.108, No. 317, pp. 11-12, Nov. 23, 2008.

石井 裕,瀬島 吉裕,渡辺 富夫:身体的アバタインタラクションにおける対話者の音声及び動作遅延フィードバックの分析;ヒューマンインタフェースシンポジウム2008論文集, pp.881-884, Sep. 4, 2008.

石井 裕:身体的アバタを介したコミュニケーション特性の検討;電子情報通信学会技術研究報告,Vol.108, No. 187, pp. 1-6, Aug. 26, 2008.

石井 裕,渡辺 富夫,大崎 浩司,伴 好弘:会話におけるポインティングデバイスを用いた身体的アバタの操作特性分析;ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.10, No.1, pp.55-60, May 12, 2008.

石井 裕:コミュニケーションメディアとしての身体的アバタインタフェース;情報処理学会研究報告,2008-ICS-150,pp.23-28, Jan. 22, 2008.

平成19年 石井 裕,大崎 浩司,渡辺 富夫,伴 好弘:3次元トラックボールを用いた身体的アバタ操作の評価;HAIシンポジウム2007,2E-2, pp.1-6, Dec. 5, 2007.

石井 裕,渡辺 富夫:ビデオ面接における自己映像の仮想対面合成による身体的インタラクション評価;ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.9, No.4, pp.27-32, Nov. 22, 2007.

石井 裕:遠隔コミュニケーションにおける身体的アバタを介したインタラクション分析;電子情報通信学会技術研究報告,Vol.107, No. 308, pp. 41-42, Nov. 11, 2007.

石井 裕,大崎 浩司,渡辺 富夫,伴 好弘:身体的アバタ操作のための3次元トラックボールの開発;ヒューマンインタフェースシンポジウム2007論文集, pp.597-600, Sep. 5, 2007.

石井 裕,大崎 浩司,渡辺 富夫:トラックボール入力による身体的アバタ操作の評価;ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.9, No.2, pp.25-30, May 24, 2007.

平成18年 石井 裕,大崎 浩司,渡辺 富夫:簡易な身体的アバタ操作のためのトラックボール式PuppetAvatarの開発;ヒューマンインタフェースシンポジウム2006論文集2,pp.835-838, Sep. 27, 2006.

平成17年 石井 裕,渡辺 富夫:PuppetAvatar: 手指動作入力による身体的バーチャルコミュニケーションアバタ;第6回システムインテグレーション部門学術講演会(SI2005)論文集,pp.637-638, Dec. 17, 2005.

石井 裕,渡辺 富夫:身体的バーチャルコミュニケーションシステムにおける身体的アバタの手指動作入力の検討;電子情報通信学会技術研究報告,Vol.105, No.358, pp. 95-100, Oct. 21, 2005.

石井 裕,渡辺 富夫:模擬面接による自己参照可能な身体的ビデオコミュニケーションの官能評価;ヒューマンインタフェースシンポジウム2005論文集1,pp.925-928, Sep. 17, 2005.

平成16年 石井 裕,渡辺 富夫:VirtualActorを自己参照アバタとして対面合成した身体的ビデオコミュニケーションシステム;第5回システムインテグレーション部門学術講演会(SI2004)論文集,pp.887-888, Dec. 17, 2004.

石井 裕,大崎 浩司,渡辺 富夫,山本 倫也:手指動作入力による身体的バーチャルコミュニケーションシステムの開発;ヒューマンインタフェースシンポジウム2004論文集,pp.1025-1028, Oct. 8, 2004.

石井 裕,渡辺 富夫:身体的ビデオコミュニケーションにおける合成対話配置の官能評価;FIT2004(第3回情報科学技術フォーラム)論文集,pp.619-620, Sep. 9, 2004.

平成15年 石井 裕,渡辺 富夫:自己のビデオ映像を対話合成提示したコミュニケーション効果;第46回自動制御連合講演会講演論文集,pp.710-711, Nov. 27, 2003.

石井 裕,渡辺 富夫:ビデオコミュニケーションにおける自己映像の合成対話配置の評価;ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集,pp.811-814, Oct. 2, 2003.

村上 生美,渡辺 富夫,檀原 龍正,石井 裕:患者−看護師役割コミュニケ−ションの音声駆動型身体引き込みキャラクタInterActorの評価;ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集,pp.341-344, Oct. 1, 2003.

石井 裕,渡辺 富夫:自己アバタを対面合成した身体的ビデオコミュニケーションシステム;第31回可視化情報シンポジウム講演論文集,vol.23, No.1, pp.357-360, Jul. 22, 2003.

石井 裕,渡辺 富夫:VirtualActorを対面合成した身体的ビデオコミュニケーションシステムの評価;情報処理学会第65回全国大会講演論文集(4),pp.75-76, Mar. 26, 2003.

平成14年 石井 裕,渡辺 富夫:聞き手のVirtualActorの頭部動作を矛盾的に止めた身体的インタラクション解析;日本機械学会2002年度年次大会講演資料集,Vol.V,pp.237-238, Sep. 26, 2002.

石井 裕,渡辺 富夫:VirtualActorを対面合成した身体的ビデオコミュニケーションシステムの開発;ヒューマンインタフェースシンポジウム2002論文集,pp.99-102, Sep. 1, 2002.

石井 裕,渡辺 富夫:身体的バーチャルコミュニケーションシステムを用いたVirtualActorの聞き手頭部動作のコミュニケーション効果;情報処理学会第64回全国大会講演論文集(4),pp.499-504, Mar. 12, 2002.

平成13年 石井 裕,渡辺 富夫:聞き手のVirtualActorの頭部動作を矛盾的に止めた身体的コミュニケーションの合成的解析;ヒューマンインタフェースシンポジウム2001論文集,pp.273-276, Oct. 3, 2001.

冨田 拓朗,渡辺 富夫,大久保 雅史,石井 裕:顔画像相関トラッキングによる身体的バーチャルウェーブコミュニケーションシステム;ヒューマンインタフェースシンポジウム2001論文集,pp.269-272, Oct. 3, 2001.

石井 裕,渡辺 富夫:身体的バーチャルコミュニケーションシステムを用いた空間配置によるコミュニケーション効果;日本機械学会2001年度年次大会講演資料集,Vol.III, pp.1-2, Aug. 28, 2001.

石井 裕,渡辺 富夫:身体的バーチャルコミュニケーションシステムを用いたVirtualActorの対話配置の官能評価;ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.3, No.3, pp.73-78, Jun. 16, 2001.

石井 裕,渡辺 富夫:身体的バーチャルコミュニケーションシステムを用いたバーチャルアクターの対話配置によるコミュニケーション効果;情報処理学会第62回全国大会講演論文集(4),pp.81-82, Mar. 13, 2001.

平成12年 冨田 拓朗,渡辺 富夫,石井 裕:画像相関トラッキングによる身体的バーチャルウェーブコミュニケーションシステムの開発;平成12年度電気・情報関連学会中国支部第51回連合大会講演論文集,pp.203-204, Oct. 21, 2000.

石井 裕,渡辺 富夫:身体的バーチャルコミュニケーションシステムを用いたバーチャルアクターの対話配置の検討;ヒューマンインタフェースシンポジウム2000論文集,pp.85-88, Sep. 20, 2000.

荻久保 雅道,渡辺 富夫,石井 裕:身体的バーチャルコミュニケーションシステムにおける呼吸の視覚化;ヒューマンインタフェースシンポジウム2000論文集,pp.89-92, Sep. 20, 2000.

石井 裕,渡辺 富夫,大久保 雅史,小畑 淳;身体性共有型バーチャルウェーブコミュニケーションシステムの開発;日本機械学会2000年度年次大会講演論文集(II), pp.477-478, Aug. 3, 2000.

石井 裕,荻久保 雅道,渡辺 富夫:対話者を仮想対面投影した身体性共有型ビデオコミュニケーションの評価;ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.2,No.3,pp.37-41,Jun. 17, 2000.

石井 裕,渡辺 富夫:An Embodied Virtual Communication System for Human Interaction Analysis by Synthesis;2000年IEEE広島学生シンポジウム論文集,pp. 143-146, Jan. 18-19, 2000.

平成11年 石井 裕,渡辺 富夫,大久保 雅史,小畑 淳:抽象的波型アクターを用いた身体的バーチャルコミュニケーションシステム;平成11年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.141-142, Oct. 23, 1999.

石井 裕,渡辺 富夫,大久保 雅史,小畑 淳:身体的バーチャルウェーブコミュニケーションシステム;ヒューマンインタフェースシンポジウム'99論文集,pp.149-154, Oct. 4, 1999.

渡辺 富夫,大久保 雅史,石井 裕,中林 慶一:身体性共有型バーチャルコミュニケーションシステム;日本機械学会1999年度年次大会講演論文集(II), pp.247-248, Jul. 27, 1999.

渡辺 富夫,大久保 雅史,石井 裕,中林 慶一:人型バーチャルアクターと抽象的バーチャルウェーブを用いた身体的バーチャルコミュニケーションシステム;ヒューマンインタフェース学会研究報告集,Vol.1, No.3, pp.67-72, Jun. 18, 1999.

平成10年 稲留 将生,渡辺 富夫,大久保 雅史,石井 裕,中林 慶一:身体的バーチャルコミュニケーションシステム;平成10年度電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集,pp.133-134, Oct. 24, 1998.

渡辺 富夫,大久保 雅史,稲留 将生,石井 裕,中林 慶一:バーチャルコミュニケーションシステムを用いた身体的コミュニケーション解析;計測自動制御学会第14回ヒューマンインタフェースシンポジウム,pp.311-316, Sep. 28, 1998.


●解説記事・その他

平成28年 久保田 恵,井上 里加子,石井 裕,佐藤 洋一郎,横田 一正,岡野智博,備前市役所食の人財プロジェクト:地域連携協働事業の教育効果と地域貢献事業としての評価;岡山県立大学保健福祉学部紀要,第22巻, pp.13-25, 2016.

平成27年 佐藤 成美,山内 さつき,高林 範子,石井 裕:音声分析によるマスク着用時のコミュニケーション方法についての検討;岡山県立大学保健福祉学部紀要,第21巻, pp.45-55, 2015.

平成22年 石井 裕:アバターメディエイティッドコミュニケーション(「実世界の認知と行動に立脚したヒューマンインタフェース」特集記事);ヒューマンインタフェース学会誌,Vol.12, No.2, pp.39-44, 2010.

平成21年 石井 裕:なぜテレビ電話は使われないか?−映像メディアの効果的な利用に向けて−(「遠隔コラボレーション」特集記事);ヒューマンインタフェース学会誌,Vol.11, No.1, pp.5-8, 2009.

平成19年 石井 裕,村田 和義,杉原 太郎,狩川 大輔:HIST10周年:顔が見えるメーリングリストを目指して;ヒューマンインタフェース学会誌,Vol.9, No.2, pp.165-168, 2007.

平成17年 石井 裕:同じ時間,同じ空間を共有して;ヒューマンインタフェース学会誌,Vol.7, No.1, pp.53-54, 2005.


    内容
 
  プロフィール
  研究トピックス
  論文・研究発表
  受賞歴
  社会活動
Wiki Page (認証あり)
  リンク
今日の一言(不定期)



ある時は百姓...

Google.com サイト内検索: